フォトアルバム

特別室 Feed

2010年7月 4日 (日)

分割

100704_mixopterus

ミクソプテルス 2ピース+補強剤(糊付け多用)

ウミサソリその2のミクソプテルスです。紙はレザックのろうけつ 4つ切りを使いました。鎌の部分が大きいため4つ切りの紙でも長さが足りないため、尾の部分は別になっています。基本的には2ピースで60cm位あります。紙の切れ端を補強に使ったので4つ切りの紙を無駄なく使えました。

100704_mixopterus_cv

尾を外すとこんな風になります。

100704_mixopterus_in

鎌の部分を曲げると、何とかA4の箱に収まりました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2010年7月 3日 (土)

再挑戦

100703_syakof

蝦蛄成体・アリマ幼生(初期?)・アリマ幼生(後期?)

私が、最初に作ってブログにのせたのがシャコの幼生です。チリモンとしてスケッチでも2回ほどブログにのせています。今回、変態シリーズの4作目としてシャコを作ってみました。始めに作ったのより、あまり進歩していないようです。http://ikomaru.blog.eonet.jp/zufu/2009/01/post-7795.html

白っぽいのがアリマ幼生(現在、あまり使われない呼び方だそうです。)大きいのが成体です。3つとものり付け多用です。成体のみ、余り紙を使って補強しているので3ピースです。アリマ幼生に関しては、もう少し透明感のある紙を使えばと思いました。
チリモンでは幼生は見る機会も多い生物です。大阪付近の海にもたくさんのシャコがすんでいると思います。

100703yuriputerusu_with_au

ユーリプテルス(ウミサソリ)withアオウミウシ

次は気晴らしに作ったウミサソリです。古生代のシルル紀に繁栄した古代生物です。当然化石でしか会うことのできない生物です。もっと濃い色で作るべきかもしれません。

「“チョキって・折って”紙のアート」展まであと少し、変態シリーズのLASTは甲殻類”F”に取り組もうと思っています。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2010年6月27日 (日)

おら東京さ行くだ(作品編)

100627_iroiro

来月、作品が東京に行きます。
Scissorhandsさま、なべさん様、我流切紙人さま、とみたや様、川合工房さまと私(いこまる)の6名で出品しての展示会です。紙でつくった海の生物の展示会です。かなりの見応えのある展示になるのではと思います。私は遠方のため、作品のみの参加となりますが、近隣のかたは是非遊びに行っていただけたらと思います。

「“チョキって・折って”紙のアート」展
場所:葛西臨海公園内2階レクチャールーム
会期:平成22年7月23日(金)~30日(金)

100627_syojinngani

ショウジンガニ ワンピース糊付け有り

  最近、休むことなく毎週ブログを更新していたのは、この展示会のためなのです。我流切紙人さまとみたや様と私とで甲殻類の担当をさせていただきました。

チリモンで興味をもった甲殻類の変態を作品にしてみました。甲殻類の幼生についてはあまり詳しい資料が手に入らないので、資料集めが大変です。

100627_asahiganif

アサヒガニのゾエア・メガロパ・成体

100627_syoujinnganif_2

ショウジンガニのゾエア・メガロパ・成体

カニや甲殻類に関して、少し詳しくなりました。   あと10日ぐらいの間、作品を増やさなくてはなりません。がんばります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2010年6月20日 (日)

蛙蟹

100620asahigani

アサヒガニ  ワンピース(糊付けたくさん) タント紙

変わった形の蟹です。甲羅がビワみたいな形をしていて、茹でる前から赤橙色をしています。普通の蟹ではお腹の部分にたたまれている腹部が伸びていて、一見、普通の蟹の幼生のメガロパの形をしています。原始的な蟹の仲間と考えられています。歩くときは蟹のくせに横歩きではなくバック主体らしいです。英語では「Frog crab(かえるガニ?)」とか「SPANNER CRAB(スパナガニ?)」とか呼ばれるらしく、そういえばなんとなく全体は蛙に似ていて、ハサミ脚はスパナに似ています。

100620asashiganib

裏から見ればこんな感じです。脚の先はすべてシャベルのようになっています。

変わった形の蟹なので変わった展開図から作りました。

100620asahipop

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2010年6月12日 (土)

伊勢海老

100612iseebi

伊勢海老 ワンピース糊付け有り(つづれ使用)

フィロゾーマがガラスエビになり、稚エビになり成長すると伊勢エビとなります。言わずと知れた高級食材のため、結婚式ぐらいでした食べることは無いが、身近なエビです。

100612iseebihd

自分の持っている伊勢エビのイメージで赤い紙を選んでみましたが、良く考えて見ると、茹でて赤くなるのだから、もう少し褐色系の紙を選ぶ方が自然なのかも知れません。しかし、「伊勢エビは赤で無くちゃ」という気がします。
触角をのぞいた長さが24cmなのでそこそこの大きさで、実物ぐらいの大きさである。あまり細部にこだわらないで作ったのですが、なんとなく伊勢海老に見えます。
せっかくなので集合写真を撮ってみました。

100612iseebifs

展開図です。

100612iseebiop

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2010年6月 5日 (土)

ガラスエビ

100605_purerurusu

伊勢エビのプエルルス幼生   キュリアスTL パール55kg

前の記事の伊勢エビのフィロゾーマが数回脱皮して1年ぐらい経つとプエルルス幼生になります。別名ガラスエビ、本当に透き通った美しいエビです。この後、次の脱皮で稚エビとなり、脱皮を繰り返し大人の伊勢エビに成長していきます。

http://www.yutakanaumi.jp/soudan/seed/4110_zu1.htm

100604_pererurusub

プエルルスは透明な点を除いて、ほぼ親と同じ形をしています。
透明な素材を使いたかったのですが、手元にあった真珠光沢のあるトレーシングペーパーを使ってみました。エビ系は初めてですが、トレーシングペーパーの堅さが幸いし、自立しています。目に赤い紙を貼ってみました。

100604_ssyoujinnmegaf

ショウジンガニのメガロパも作ってみました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2010年5月22日 (土)

蟹一代記

100522kani_life

切り折り紙   ワンピース糊付けなし
   親:リブカラーケント  メガロパ:つづれ  ゾエア:タント

100522kanilife_zoemega

蟹の一生をつくってみました。多くの蟹では、卵から生まれたばかりの幼生はゾエア(右)と呼ばれ海でただよって生活しています。何回かの脱皮のあと幼生はメガロパ(左)になります。ゾエアが長い尾で泳ぐのに対して、メガロパは海底で生活するそうです。その後も何回か脱皮をして稚蟹になり、親ガニへと成長していきます。

100522kanikifekani

この蟹はA4の紙で切ったため少し脚が短くなったので、脚の付け根の関節を省略してあります。体を浮かして自立しているので、先週より少し進歩しました。

100522kanilifekanib

ちなみに蟹の雌雄はふんどしの幅で見分けます。雌の蟹はふんどしの部分で卵を抱くのでふんどしが雄より太くなります。雌のつもりで切ったのですが、中途半端な幅なので今週の蟹は雄です。(先週も雄)

100522kani_life_op

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2010年5月14日 (金)

蟹をつくる

100514akategani

アカテガニ 切り折り紙(糊付けなし)つづれ(錆朱120kg)

このブログは「出会った命を筆とはさみで」をテーマに、実際に出会った生物(化石・チリモンなどを含む)をのせてきました。今回より「特別室」という新しいカテゴリーを作って、出会っていない生物にもチャレンジしてみることにしました。

ここしばらく、蟹に取り組んでいたのですが、ようやく形にすることができました。

100514akateganibs

  使用した紙が折りにくく腰が無かったので自立しませんが、紙を替えればワンピース糊付けなしで何とかなりそうな気がします。カニを作ることにより、いつも作っているメガロパの改善点も見えてきました。

100514akateganib_2

展開図の上から、口→脚→甲(頭胸部)の裏→目→甲の表→ふんどし(腹部)となっています。

100514akateganiop

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi