フォトアルバム

« 刺激と反応 | メイン

2013年9月 1日 (日)

気がつけば、9月

130901torikera_3
8月1日に記事をあげてから、1か月がたってしまいました。作りかけていた作品「トリケラトプス」が完成いたしました。

130901torikera_ue
途中で写真を撮り、制作過程をUPすればよかったのですが、この暑さ、気力がわきませんでした。もったいないことをしたと思います。

トリケラトプスをつくるのは2作目です。前作は恐竜のつくり方を模索しながらの作品でした。その後、デイノニクスをつくり、そこそこの出来だったのですが、何か作品に違和感がして仕方ありませんでした。後日、恐竜造形家の荒木一成さんの本を読ませていただき、荒木さんの制作過程を見させていただき、その違和感が何にものかがわかりました。「生き物(脊椎動物)の形は、骨格があり、それに内臓や筋肉がつくことによってできている。皮膚はその上についているだけ。」ということです。

紙でつくる作品ですから中は空洞なのですが、それでも骨格と筋肉を意識して作らなければ生物でなく静物になってしまう。表面のつぎはぎや凸凹は、あまり重要なことではなく、背骨を意識し、関節と筋肉を意識することが重要なのですね。

130901torikera_ketu
まあ、気が付いて、すぐ出来るわけではないですが、少なくとも前作より少しましな恐竜になったような気がします。すこしお尻の感じが人間風になってしまったかもしれません。

130901torikera_ashi
足の指は相変わらず難しいですね。もう少しごつく作るべきでした。

130901torikera_kao
顔は重要なポイントだと思いますが、体に比べて作るのは簡単ですね。形をとりやすいと思います。一部だけ鱗風の紙を貼り、御洒落してみました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

コメント

cat・skeletonみたいなキーワードで検索をかけると骨格の図が見れますよ。そんでウシ・ウマ・ライオン・ゾウの骨格の違い(特に足)を理解すると子供と大人ぐらいに、段違いにレベルが変わりますよ。

普通の時に、骨格を見ても何も感じないのですが、一度作った生物の骨格を見ると「なるほど!!」と思うことが多々あります。
以前、ゾウの骨格模型を見て、鼻の穴の位置にびっくりしたことがあります。その後、ゾウのイラストを描くときは鼻の出場所を意識するようになりました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi