フォトアルバム

« 少し目出度い事 | メイン | ニュージーランドのゾエア »

2013年3月31日 (日)

ゾウとゾエアの日々

130331akebono1

しばらくゾウとゾエアのペーパークラフトの型紙作成に時間をとられています。
もともと、ペーパークラフトの流派でいうと「切り折り紙」派に属しています。この流派は「下書きをしないで紙を切り、適当に折りを加えて作品をつくる」という自由(適当)な作風が特徴であり、私の性格との相性も良い。しかし、やはり一般の方に作ってもらうためには紙に印刷された型紙が必要であり、その型紙を作る作業は大変めんどくさいものであります。

ゾウという生物は、有名な割にからだの構造が難しい生物です。漫画のゾウの絵は描けるのですが、「大きな耳・長い鼻・鋭い牙」などの特徴が目につ反面、「ゾウの口の形・ゾウの首の付き方・足の構造」など全くわからないのです。そこで、ゾウの体の特徴の確認のために、図書館に行って子供用の動物絵本を借りることからスタートしました。

今回のモチーフは「アケボノゾウ」という、日本に昔いたゾウなので、アケボノゾウの特徴「凸が狭い・頭が三角・背中がまっすぐ・胴長短足」の特徴も出さなくてはなりませんし、せっかく作るのですから可愛さも必要かと思います。

この土日、「型紙を作る」→「組み立てて不具合を確かめる」→「型紙を修正する」→「組み立てて不具合を確かめる」→………の無限ループに陥り、大変疲れました。
アケボノゾウは形になってきたのですが、ゾエアはほとんど手付かずです。

130331akwbono2

また来週がんばることになりそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348631/31329625

ゾウとゾエアの日々を参照しているブログ:

コメント

>「型紙を作る」→「組み立てて不具合を確かめる」
>→「型紙を修正する」→「組み立てて不具合を確かめる」
>→………の無限ループに陥り

確かにこの作業は疲れますね・笑
とりわけ、切り折り紙スタイルに慣れていると尚更で御座います。

一番下の写真のゾウさん達の表情が様々で、どのタイプも作ってみたくなりますね♪
ゾエアも楽しみにしております。

我流切紙人さま
お久しぶりです。ほんとうにお久しぶりです。
紙に印刷されている線にそって切っていく、それも二つ折りじゃなくて左右対称なのに右も左も切るという作業は苦しい物ですね。折りやつぎはぎで誤魔化せる程度の多少の不具合も、型紙から直すとなると手間と時間を食い大変な作業となります。でも、完成した型紙は自分の財産(?)となると思い込みがんばっております。
ゾエアの方は作りなれているモチーフなので、1枚目の型紙からそこそこの形が取れているので数回の有限ループで収まりそうです。

何がむつかしいのやら~さっぱりわかりませんが、可愛いぞうさんですネ。

ゾエア、何のゾエアでしょう?
楽しみに待ってます。

森のどんぐり屋さま
いい年の初老のおっさんが、家でゾウのペーペークラフトをいくつも並べて考えている様子は、想像以上に不思議な状態ですゾウのおもちゃをもって似合うのは5才くらいまでだと思います。

ゾエアはイワガニの仲間のものです。月末のきしわださんのミニ実習用に現在作成しております。なかなか可愛いい?ものになりそうです。

お久しぶりです♪

たしかにゾウさんてよく知っているようで、描くとなると「あれ?脚はどうついてたかな?・・・頭と胴体ってどうなってたっけ?」と、意外と身体構造に疎いことに気付きます。ここらへんがやはり「観察眼」と単なる「見る」の違いなのでしょうね。

型紙作り、本当に時間を食いますよね・・・。お疲れ様です。
いろいろな表情のアケボノゾウさんかわいいですね~。
私としてはPCの画面が気になったりもしますが(笑)

ゾエアも楽しみです♪

とみたや様

お久しぶりです。ながらくさぼっている「いこまる」です。

今回、ゾウの特徴が耳・鼻だけではなく、おでこと下あごもだということを発見しました。幼稚園児でもゾウに見える絵は描くことができますが、自分で描いてみるとしっくりと来なかった理由がすこし解明できました。(まあ、今でも資料なしでは描けませんが)

パソコンの使用ソフトは「花子」です。文章は「一太郎」です。
さすがに、最近は少数派です。

 型紙作りは面倒ですが、一度は通らないといけない道ですね。
 ところで「切り折り紙=下描きなし」とすると、師匠の下描きにもとづいて作った弟子の作品が切り折り紙でないことになってしまいます。「切り折り紙は下書きなしで作ることが多い」のはずが、「切り折り紙は下書きなしで作る」にどっかで変わってしまったようです。元ネタはたけとりさんの昔のブログなんですが、「誤解を生むから下書きなしは条件から外しましょう」でたけとりさんと数年前に合意は取り付けたのですが、印象的なフレーズだけあって、いまだにイメージが残っているようです。
 初心者にはぜひ下描きは推奨してください。うまくなれば自然と不必要な下書きはしなくなりますから。私も習作・大作・難作となれば当然下書きしま。下描きなしにこだわってたら発展などできませんから。

川合工房さま
お久しぶりです。

紙に鉛筆であたりをつけて、その線を尊重しながらも自分の感覚で切っていく作業は好きなのです。必要とあれば、切ってから消しゴムで消せばいいのですから。

作品のエッジに不細工に線が残っていることは気持ちがよくないので、切るときに印刷された線の言うことを聞かざるを得なくなることに不自由を感じます。切るのに時間がかかることも不満を呼ぶ原因の一つです。先日、きしわだ自然資料館で小学生あいてに「ゾエア」のペーパークラフトの実習をしてきたのですが、ほとんどの子は切り抜く作業のときは、つまらなそうな顔をしていました。組み立てに入り、徐々に形ができてきて、完成した時の嬉しそうな顔とは大違いでした。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi