フォトアルバム

« 2011年12月 | メイン | 2012年3月 »

2012年1月

2012年1月 7日 (土)

基本形

最近は多ピースの作品をつくることが多いのですが、基本となる「切る」「折る」の技術や「展開図を考える」思考法はワンピースでの作品制作で培ったのもです。
久しぶりにワンピースの作品をつくってみました。(残念ながら糊付けは多用しています。)

120106kujiran

  偉そうに書きましたが、違う生物をつくろうとして切り折りをしていると、どう見てもクジラにしか見えないものになってしまい、そこから発展させてクジラをつくってみました。

120106kujirao

展開図です。左右に7本ずつ広がるところがアゴの下の部分になります。(1本だけ背びれになります。)

120106kujiras

   下半身を円錐にして、重ねながら上半身を円筒にして、すこしつぶして、背びれを引っ張り出して、アゴの下を長さを整えて丸みがつくように貼れば出来上がりです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

蔵出し資料館展

Kuradashis

きしわだでやっています。小さな特別展ですが作品(立体とスケッチ)を出品しております。

お近くで興味がございましたらお越しください。

場   所 :  きしわだ自然資料館(南海本線岸和田駅より徒歩15分)
会   期 :2012年1月4日(水)~3月4日(土)
入場料 :資料館の入場料込みで400円、小学生以下は無料
   

2012年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

Photo

   タツノオトシゴ 3年前のスケッチです。(再掲)
もうすぐ、次の展覧会に参加します。

「蔵出し自然資料館」展
  場所:  きしわだ自然資料館(南海本線岸和田駅より徒歩15分)
  会期:2012年1月4日(水)~3月4日(土)
  入場料:資料館の入場料込みで400円、小学生以下は無料

  きしわだ自然資料館が創立16周年を迎え、常設展おリニューアルを記念して展覧会です。チラシによりますと、おもな展示資料として「昭和30年代に採集された大阪湾の貝類標本・明治~昭和40年代にかけて、岸和田周辺で収集された生物標本・友の会会員が全国で採集した化石・鉱物標本・恐竜造形作家・画家・折り紙作家による作品などなど」だそうです。搬入時にもいろいろな化石・標本・工作などがありました。全部そろうとけっこうおもしろそうな展示になりそうです。

140cm×70cmの展示ケースに立体作品(甲殻類の変態シリーズ・古生物・その他)とA全版のパネルにチリモンのスケッチを展示します。

111227kuradashic

ちょうど自分の実力にあった大きさ(140cm×70cm)です。

111227kuradashik

古生物コーナーです。ずいぶん古い作品も混じっています。作品の下に透明な筒を入れて少し浮かせてあります。

111227ko

甲殻類変態コーナーです。スケールがばらばらです。少し考えなくてはいけないですね。

111227kuradashis

チリモンのスケッチです。駅にはってあるポスターぐらいの大きさです。

もし、近隣にお住みでしたらご覧ください。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi