フォトアルバム

« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

再挑戦

以前作ったイセエビの変態について、多ピースで再挑戦しました。

まずフィロゾーマ。

111224firozoma

イセエビ・ウチワエビ・セミエビの仲間の初期幼生はこのような不思議な形をしています。ちなみに右のタイプが比較的初期のフィロゾーマで左は中期のフィロゾーマです。

成体とのつながりが想像できないその姿により、昔は全く別の生物だと思われていたようです。

日本でも「蟹奴」という粋な名前で呼ばれていました。本草鳥獣魚貝図譜. 魚介之部 1の13「蟹奴」に「殻至ッテ薄ク蠟引ノ紙ノ如シ」とあるので、トレーシングペーパーで作ったのは正解です。→ここ

次にプエルルス
111218puerurusu

フィロゾーマはプエルルスと呼ばれる姿に変態します。

フィロゾーマからプエルルルス

ほぼ親と同じような形だが、全身が透明のため「ガラスエビ」とも呼ばれています。この時期には食事をしないので内臓も透明で大変きれいな姿みたいです。

この写真では脚が8本ですが、後日脚が2本足りないことに気が付き修正しました。

最後に親のイセエビ。

111226iseebin

脚が太すぎました。途中で気が付いたのですが、修正する気力はなく、そのまま完成させました。

裏はこんな感じです。

111226iseebib

裏の方が脚の太さが目立たないのでいい感じです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2011年12月22日 (木)

アノマロ・アロマノ

1112211anomaron

    みんなつくっているアノマロカリスです。なべさんも作っています。

  適度にマニアック、適度に有名、カンブリアの時代の海で一番強かった肉食動物です。三葉虫などをわっさわっさと食べていた獰猛な生物です。今回作るまで「アロマノカリス」だと思っていましたが、「アノマロカリス」が正解です。

ドラえもんでたとえると「アノマロカリス=ジャイアン、三葉虫=のび太」です。

111221anomaros

化石だけで知られている生物で、体に体節があったかどうかもわからない生物です。
そこで、自分勝手なイメージとして「アノマロカリス=でっかい牙のあるウミウシ」と想定して作ってみました。
そのため、すこし間抜けなあの麻呂君になりました。大きさは28cmで、少し小型の個体くらいです。

111221anomarob

こんなに可愛いアノマロ君なのですが、家族からは「気持ち悪い。」と評判が悪いです。

特に口が気持ち悪いそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ   ※もしよければ、クリックお願いします。

2011年12月11日 (日)

とりろばいと

111210sannyoucyu

三葉虫 LIVE Ver.

色々な本で三葉虫の体の構造を調べていると、脚や裏側の構造についての図を見かけることがあります。その図は、ほとんどが同じ内容の図で、おそらくエルンスト・ヘッケルさんの「生物の驚異的な形」にのっている三葉虫の図版を基に描かれていると思われます。その基となるヘッケルさんの図版ですが、三葉虫の脚やえらの形状まで詳しく描かれていますが、個人的には眉唾ものだという気がします。化石にうっすらと残っている脚の痕跡などから、あのような詳しい構造を読み取ることなど不可能なことのような気がします。まあ、今回はそのヘッケルさんの図を参考に作らせてもらいました。

111210sannyoucyun

      最初、化石風の紙で作り始めたのですが、生きている三葉虫の色など誰にもわからないので、目と脚は色を変えてみました。もう少し派手な色を使った方が良かったと思います。

111210sannyoucyub

ピンク色のトレーシングペーパーで作られている羽根のようなものはエラのつもりです。
脚が多いので、折りにかなりの時間がかかりました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2011年12月 4日 (日)

コンバンハ

111204syoujinnganin

ショウジンガニ

ゾエア、メガロパと来て、やっと大人になりました。以前、作ったショウジンガニの変態シリーズのリメイクです。

111204syoujinngani

ショウジンガニ外見の特徴

・はさみはあまり大きくない。

・一番前の歩脚が短い。

・甲羅と脚の前面にギザギザ。

・全体にがっちりとした体形。

外見の特徴を表現したつもりなのですが、どうでしょうか?

前回ショウジンガニを作った時は、図鑑の小さな絵だけをみて作ったので、今回の方がショウジンガニ風になったと思います。

111204syoujinnganiu

ふんどしの幅が広いので、メスのつもりです。体の厚みが少し足りません。鋏の作り方は、試行錯誤の途中です。

脚の付き方、口、目はうまくごまかせたような気がします。

・「こんばんは」と「こんばんわ」では「こんばんは」が正しい表記らしいです。日本語は難しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi