フォトアルバム

« グラウ・琴恵 | メイン | オハヨウゴザイマス »

2011年9月11日 (日)

小さくなあれ

110901yadozoe

鳥型ゾエア 透明水彩・鉛筆

  スケッチのゾエアは棘がなく、鳥形と個人的に呼んでいるものです。
色々な文献を見ると、どうもヤドカリのゾエアはこのような形をしているそうなので、ヤドカリのゾエアを思われるものです。                                                                                             

  7月のカネ上さんのチリモンには多くのカニのゾエアに混じって、数は少ないですが鳥形のゾエアも入っていました。また、前の記事の稚ヤドカリもそこそこ見ることができました。(100g中に数匹ぐらいの割合です。)
そこで少し不思議の思うことがあります。  ほとんどの鳥形のゾエアは、稚ヤドカリより大きいのです。このゾエアが変態してグラウコトエ幼生や稚ヤドカリになるときに小さくなるのでしょうか。それとも、このゾエアは成長してヤドカリでない甲殻類に成長するのでしょうか。

謎です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

コメント

いつ訪問させていただいても
ほっとします。
楽しみです。

middle60様
ただ今停滞中なのですが、少しずつ作品に取り掛かっているところです。
あんまり焦っても仕方ないので、透明水彩のように、じんわり行きたいと思っております。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi