フォトアルバム

« 2011年8月 | メイン | 2011年11月 »

2011年9月

2011年9月11日 (日)

小さくなあれ

110901yadozoe

鳥型ゾエア 透明水彩・鉛筆

  スケッチのゾエアは棘がなく、鳥形と個人的に呼んでいるものです。
色々な文献を見ると、どうもヤドカリのゾエアはこのような形をしているそうなので、ヤドカリのゾエアを思われるものです。                                                                                             

  7月のカネ上さんのチリモンには多くのカニのゾエアに混じって、数は少ないですが鳥形のゾエアも入っていました。また、前の記事の稚ヤドカリもそこそこ見ることができました。(100g中に数匹ぐらいの割合です。)
そこで少し不思議の思うことがあります。  ほとんどの鳥形のゾエアは、稚ヤドカリより大きいのです。このゾエアが変態してグラウコトエ幼生や稚ヤドカリになるときに小さくなるのでしょうか。それとも、このゾエアは成長してヤドカリでない甲殻類に成長するのでしょうか。

謎です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2011年9月 2日 (金)

グラウ・琴恵

110828_chiyadokari

稚ヤドカリ   鉛筆・透明水彩

スケッチのヤドカリは腹部がねじれており、節が目立たなくなっているのでゾエア幼生→グラウコトエ幼生を経て、大人のヤドカリになる前の稚ヤドカリだと考えています。
ヤドカリはエビ・カニと同じ甲殻類の中の十脚目の仲間です。この仲間は十脚目の名のとおり胸部に脚が5組あります。
ヤドカリは腹部を巻貝に入れて生活するために、その体は大変特徴的です。
まず1組目の脚の鋏脚ですが、巻貝に隠れる時の蓋にするために片方のはさみだけが大きくなります。スケッチのヤドは左が大きいのでヤドカリ科に属するヤドです。
次に2・3組目の脚ですが、巻貝を背負うため体は重くなり、貝殻の外まで脚を出す必要があるので大変長く頑丈な歩脚になっています。
残りの45組目の脚ですが、貝殻を中から支えるために短く、あまり目立たなくなっています。
腹部は、節があまりはっきりとしていなく、この段階ですでにねじれています。

この前の段階の幼生はグラウコトエと呼ばれるのですが、この名前を見るといつも「グラウ琴恵」と漢字をあててしまい、ハワイ在住の日系二世の女性を想像してしまいます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi