フォトアルバム

« 「“チョキって・折って”紙のアート」展終了いたしました | メイン | 夏の終わり »

2010年8月 7日 (土)

りばうんど

しばらく「“チョキって・折って”紙のアート」展のためにハサミ中心のブログであったのですが、その反動でハサミがあまり走りません。そのため筆中心の活動です。また、近所のお気に入りのフィールドが造成でつぶされて以来、虫やカエルとの出会いはままならず、結局は海系の生物のスケッチに落ち着いてしまいます。
100730ougiganimega

  オウギガニの仲間のメガロパ   透明水彩・鉛筆  6mm

チリモンとしては時々出てくるメガロパです。先日いただいた「チリモン図鑑カード100」によりますと、オウギガニのなかまのメガロパらしいです。

立体化するときのために3方向から描いてみました。

P1070417

チリメンモンスターは頑張っています。この本(カード)以外にも、ガチャポンにも商品化されたようです。(まだ見たことがないのですが。)
近所の図書館にもチリモンの本と、双眼実態顕微鏡ですこしつぶれたメガロパが展示してありました。小中学校の夏休みの自由研究にはもってこいのテーマです。

100806yakougai_2

夜光貝(ヤコウガイ) 透明水彩・鉛筆  12cm

職場の同僚の方にお土産でもらった貝殻です。沖縄の石垣島の貝です。大ぶり肉厚な貝で螺鈿細工の材料になるそうです。夜光貝という名前ですが光らないそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

コメント

本当に少しでもチョッキンを中止すると腕が鈍ります。歳のせいですが、また最初から切りなおさないと忘れてしまっています。情けない情けない・・・。
このスケッチ!待ってました!。

こんばんは(^^)/
チョキって・折って”紙のアート展お疲れ様でした。
僕の方も11日間という長丁場で本当に疲れましたが、大盛況でとてもいい経験が出来ました。
いこまるさんと他の皆さんの名刺も作らせて頂いて、切り折り紙教室で体験して頂きながら作家さんを紹介させて頂きました。
とても多くの方に知っていただけたのではないかと思います。
今度機会があれば、いこまるさんの作品を是非展示出来るといいなと思います。
ありがとうございました。♪
それから、広場画報を探していただき、本当にありがとうございます。

middle60様
理想は毎日チョッキンなのですが、つい休んでしまいます。色々な方の作品を見ると「いかに切りで美しいフォルムができるか。」の大切さを痛感いたします。切りの上達には練習しかないのでしょうね。

タニチャンさま
広場画報では大きな扱いでしたよ。これで本町・堀江付近でタニチャンの名前が売れたのではないでしょうか。
また、小川雅章さんの表紙の版画も味があっていいのです。そこも見ていただけたらと思います。

こんばんは。
私も基本的には毎日ハサミを欠かさない生活を送って参りましたが、定期的にあえてハサミと距離を置く時間もあります。
ちょうど、今がその時期なのですが……
(別のことで腕の疲労が激しいだけなのです・笑)

とは言いながらも、ワークショップで使い放題という現実。

ですが、一定期間の修練を超えている場合には
あえて離れても内部で自ずと発酵しているような気もいたします。

いずれ回復するであろう蝶風でそれを実践できれば嬉しく存じます。

我流切紙人さま
CHIPS御苦労さまでした。たび重なるイベントで肉体的にも精神的にも大変でしょうね。とても自分にできにないなあと思います。映像見ました。想像していた我流さんと実物との違和感はあまりありませんでした。やっぱりという感じです。

そろそろハサミとピンセットを持ちたいなあと思えるようになりました。甲殻類をさらにという気持ちと甲殻類以外にもという気持ちが共存している状態です。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi