フォトアルバム

« りばうんど | メイン | 蝉の日 »

2010年8月25日 (水)

夏の終わり

100825kumazemi

アブラゼミ 45mm 透明水彩・鉛筆

気がつけば、8月もあと1週間かの。チョキ折り展以降、なにも出来ずに夏が終わろうとしています。これではいけないと、久しぶりにハサミを握ってみてセミを作ってみたのですが、あれほど毎日見かけたセミの体のつくりが全くわからないで、エラのはった巨大ハエみたいになってしまいました。「これではいけない」と基本に戻り公園に落ちていたクマゼミのスケッチをしてみました。
クマゼミは黒色をした大型のセミで「シャア、シャア・・・」と鳴きます。
関西で、夏の厚い朝に多数で「ぐわんぐわん」泣いていやな気持にさせる奴です。
日本での生息地域はほぼ北緯35度より南で、小学校の社会でならった「太平洋ベルト」のような分布です。近畿ではありふれたセミなのですが、北のほうにいないなんて不思議な感じです。
http://www.biodic.go.jp/reports/5-2/n012.html

スケッチをしてみて色々とわかったことがあります。翅がよく見れば4枚付いていました。体に対して長く、ついている場所も背中というより肩というイメージです。口も思ったより長く、目は離れています。なんとなくイメージは固まりました。

100825kumazemif_2

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348631/24936411

夏の終わりを参照しているブログ:

コメント

千葉県柏市の私の家周辺ではクマゼミは見かけません
先日のチョキ折り展で葛西臨海公園(東京都)では少しだけ見ました
クマゼミは声が大きいので、たくさんで鳴いているところを考えるとゾッとします(笑)
暑さに強いクマゼミと、暑さに弱いミンミンゼミが棲み分けしているようですね
セミは私も作るのが苦手です
練習しないとですね

こんばんは。
セミの鳴き声ももうしなくなってしまいましたね。
クマゼミがなくと暑さを感じるのでドッと疲れが出ます。(笑)
セミはよく目にするのになぜかイメージしにくい虫なんですよね。
意外と複雑ですし、作ったことがあってもわかりにくい形なんです。
僕も一個作ってから次にいけません。(笑)
いこまるさんが作るセミがどんなセミになるかとても楽しみです。♪

昨日、荷物の方発送しましたので今日か明日には到着すると思います。
よろしくお願いします。
ありがとうございました。♪

なべさん様
クマゼミが多数で鳴いている声を聞くと、耳から気温が上がっていくような気分になります。ミンミンゼミやツクツクホウシやヒグラシの声のほうが涼しげで好きです。そういえば幼い頃にはミンミンゼミの声をよく聞いていたような気がするのですが、最近では近辺で聞いたことがありません。気温上昇のせいかもしれません。

タニチャン様
広島はクマゼミ圏なので、あの暑苦しい声は夏の風物詩ですよね。まああんまり歓迎できない風物詩ですが。セミを色々と眺めていると、当たり前ですが抜け殻と同じ形であることに気がつきます。形になるにはもう少し練習が必要な気がします。セミ展までには作りたいです。

こんにちは。
クマゼミは・・・はい、耳から暑さを感じて私も苦手でございました。
千葉に移住してからはそれがなくなり、内心ほっとしております。
セミの切り折り紙は私も苦戦中でございますが、いこまるさまのスケッチを見て少しヒントを得られました。さっそくチャレンジしてみます♪

とみたや様
切り折り用スケッチなので、少しでもヒントになれば幸いです。
私の方も、あ~切って、そ~折ってまげて、ちょいちょいと翅つけてと頭の中では簡単なのですが、なかなか難しいです。
めざせ8月中ってところです。

クマゼミは,子ども時代はかなり少なくて,発見してもとても高いところに居るレアもの,手の届かない「セミの王」でしたけれど,今じゃ関西ではウジャウジャいて何の有り難みも感じなくなりましたよね.関東ではあまり多くはなくて,ミンミンの方がうるさいのですが.・・・やっとツクツクボウシがちょっとだけ聞こえるようになりましたね,山の方はだいぶ鳴いていて,ヒグラシはもう全然居ないようです.

今日は天満橋の画廊でやっている,せみ展「セミノミセ」を観て参ります.「色々なアーティストに、セミの関係のアート作品を創作してもらい、展示販売する」んだそうです.ちょっと凝った面白い作品があるといいんですけど,どうでしょうね・・・
http://www.14thmoon.com/blog/14/14thmoon.cgi?date=2010.09.01

古くさ様
「セミノミセ」でチチさんのコレクションの中央付近で目立っている銅でできた蝉は「タニチャン」の作品です。(広場画報にでてたやつです。感動という銘で作品を造られている方です。)自分の作品ではないのですが気に入ってもらえればうれしいです。
実は初日に見てきました。なかなかマニアックないい展覧会でした。でも古草さんのように蝉の日に行くのが真のマニアなのかもしれません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi