フォトアルバム

« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月25日 (水)

夏の終わり

100825kumazemi

アブラゼミ 45mm 透明水彩・鉛筆

気がつけば、8月もあと1週間かの。チョキ折り展以降、なにも出来ずに夏が終わろうとしています。これではいけないと、久しぶりにハサミを握ってみてセミを作ってみたのですが、あれほど毎日見かけたセミの体のつくりが全くわからないで、エラのはった巨大ハエみたいになってしまいました。「これではいけない」と基本に戻り公園に落ちていたクマゼミのスケッチをしてみました。
クマゼミは黒色をした大型のセミで「シャア、シャア・・・」と鳴きます。
関西で、夏の厚い朝に多数で「ぐわんぐわん」泣いていやな気持にさせる奴です。
日本での生息地域はほぼ北緯35度より南で、小学校の社会でならった「太平洋ベルト」のような分布です。近畿ではありふれたセミなのですが、北のほうにいないなんて不思議な感じです。
http://www.biodic.go.jp/reports/5-2/n012.html

スケッチをしてみて色々とわかったことがあります。翅がよく見れば4枚付いていました。体に対して長く、ついている場所も背中というより肩というイメージです。口も思ったより長く、目は離れています。なんとなくイメージは固まりました。

100825kumazemif_2

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2010年8月 7日 (土)

りばうんど

しばらく「“チョキって・折って”紙のアート」展のためにハサミ中心のブログであったのですが、その反動でハサミがあまり走りません。そのため筆中心の活動です。また、近所のお気に入りのフィールドが造成でつぶされて以来、虫やカエルとの出会いはままならず、結局は海系の生物のスケッチに落ち着いてしまいます。
100730ougiganimega

  オウギガニの仲間のメガロパ   透明水彩・鉛筆  6mm

チリモンとしては時々出てくるメガロパです。先日いただいた「チリモン図鑑カード100」によりますと、オウギガニのなかまのメガロパらしいです。

立体化するときのために3方向から描いてみました。

P1070417

チリメンモンスターは頑張っています。この本(カード)以外にも、ガチャポンにも商品化されたようです。(まだ見たことがないのですが。)
近所の図書館にもチリモンの本と、双眼実態顕微鏡ですこしつぶれたメガロパが展示してありました。小中学校の夏休みの自由研究にはもってこいのテーマです。

100806yakougai_2

夜光貝(ヤコウガイ) 透明水彩・鉛筆  12cm

職場の同僚の方にお土産でもらった貝殻です。沖縄の石垣島の貝です。大ぶり肉厚な貝で螺鈿細工の材料になるそうです。夜光貝という名前ですが光らないそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi