フォトアルバム

« あと一息 | メイン | おはつ »

2010年2月27日 (土)

天花粉

100226ikarasuuri

キカラスウリ 鉛筆・透明水彩  7.5cm

職場と神社の間にある壁に色々な蔓植物が茂っています。今年の夏に特徴的な白い花を見つけました。不思議な形の花だったので調べてみると、カラスウリに似ています。写真を撮ったりしていたのですが、スケッチする前に花の時期が終わり、その後すっかり興味を失っていました。先日、久しぶりにそばを通った時に見てみると枯れ枝の所々に実がぶら下がっていました。カラスウリなら赤いきれいな実なのですが、にごったオレンジ色のごつごつした実でした。どうもキカラスウリのようです。それなりに趣のある実なので1つもらってスケッチすることにしました。

   あとでキカラスウリについて調べてみると、その根よりとったデンプンが天花粉(てんかふん)になることがわかりました。昔、どの家にもエアコンやクーラーが無かった子どもの頃、夏になるとアセモになりやすい脇や首の回りにパタパタと塗られた天花粉です。
根からとったデンプンがサラサラとしていて、吸湿性が高かったので使われたようです。
天花とは雪のことで、雪のようにサラサラしているので、そう呼ばれたそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

コメント

非常に懐かしいひびきです。テンカフン!
デーデーテーをパコンパコンとかけときゃー!という昭和の響きです。
私、今なお、ベビーパウダーを愛用しています。
子供の頃カラスウリの種の形が大黒さんに似ているとかいって
綿につつんで大切に持ち歩いていた記憶があります。

キカラスウリとカラスウリは花が似ているので、この樹も夏に見つけたときはカラスウリと思っていました。カラスウリの種はカマキリの顔に似ているらしいので、その種を見るのを楽しみにしていした。
この実を見つけたとき、カラスウリでなかったのがわかりがっかりしました。(キカラスウリの種は普通の形をしています。)
ということは カマキリの顔=大黒様 ということになるのでしょうか?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi