フォトアルバム

« 腰が…… | メイン | 薔薇ぼっくり »

2009年12月12日 (土)

拾いもの

091211kurumi_c

胡桃  鉛筆・透明水彩 

    腰の状態は大部良くなり、ほぼ日常生活には不自由が無くなってきました。普通に立ったり座ったりできることは幸せなことです。ただし、あまり出歩くことも無く、ネタに困ったので、引き出しの中に入れてあったクルミの実を描いてみました。

     このクルミは春に関東地方に旅行に行ったときに富士川の近くで拾ったものです。身近にクルミの木が無いので「クルミ=店で買う」のイメージがあり、道に落ちているのを見て不思議な気がしました。

日本に自生しているクルミの大半はオニグルミだそうなので、これもオニグルミなのかもしれません。表面の模様が複雑で、簡単そうに見えて胡桃っぽく見せるのが難しいモチーフでした。

091211kurumi_bw

着色前の段階では、梅干しの種に見えます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348631/22573851

拾いものを参照しているブログ:

コメント

今朝、梅干しを食べたばかりでしたので、着色なしでは梅干しの種に見えてしまったと思います(笑)。
ですが、そういえばオニグルミの果実はなんとなく「巨大なマスカット」のようにも私は見えてしまいますから、同じ植物として似たところがあっても何の不思議もないような気もいたしますね♪

我流切紙人様
桃をものすごくきれいに食べた後の桃の種という説もあるのですが、じっと眺めて描いているうちに何が何だかわからなくなってきます。実際のスケッチより画面上は赤っぽく見えるので、見ていると少し唾液がしみ出してきます。

腰の具合、良くなってよかったです。
僕の知り合いもヘルニアで2ヶ月も寝たっきりになっていました。
その人も立ったり座ったり出来ることは幸せなことだと言っていましたよ。
クルミは小学校の時に手の中で2個のクルミをグルグル回すと脳が発達するとか言われてよく回していたのを思い出しました。(笑)
よく似ていると思いますよ。♪

ありがとうございます。腰もだいぶ良くなりました。クルミ2個をぐるぐる回すと、ちょうど手のひらに何とか収まり、クルミのこすれる感触も良く気持ちいいですよね。今手元に1つしかないので、何とかもう一つ手に入れてぐるぐる回してみたいです。

おお、きれいなクルミです。
殻がとても固いので割るのが大変ですが、美味しいので好物です。
今は切られてしまいましたが、近所に大きな木があったのです。

森のどんぐり屋さま
クルミの木を見たことは無いのですが、実が落ちる頃に木の下を歩いても大丈夫なのでしょうか。クルミが頭に落ちてきたらかなり痛そうに思います。でも、拾って割って食べてみたいです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi