フォトアルバム

« なかなかの作戦 | メイン | 青い稲妻 »

2009年8月21日 (金)

スペースシップ

Uminomi_s_ship 使用画材
  透明水彩・ピグマ


モデル
テングウミノミの仲間
2mm

←クリックで拡大します

夏バテでしょうか、先週更新をさぼったのですが、今週も筆もハサミも持つ気になれず、気分転換にお気楽な絵を描いてみました。ウミノミの形をした宇宙船です。モデルはウミノミ(テングウミノミの仲間)で形はほぼこのままの生物です。

  「 南の動物プランクトン」というページでよく似たウミノミの動画が見られます。
    テングウミノミの1種

    http://research.kahaku.go.jp/zoology/zoopl-new/s-pl/s-amphi/s-amphi.htm

丸い形のウミノミで、脚の一部で体の下部をおおうときれいな卵の形になります。陸のダンゴムシ同様、丸まった状態はとても可愛いです。このウミノミを見ると何時も宇宙船に似ているなあと思っていたました。少し古いSF映画に出てきそうな形です。
操縦師を二人のせて宇宙船にし、後部に窓をつけて乗客を乗せてみました。全体に寂しいのでレーダーや地デジのアンテナ、マジックハンドなどをつけてみました。宇宙マイクロバスのイメージです。色は少し下品になったような気がします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348631/21169919

スペースシップを参照しているブログ:

コメント

私はこういう絵が大好きです(笑)!
学生時代には空想画を描きたい気持ちを抑えて無理に写実的に描いて、その結果、絵から離れてしまいましたが、今回のいこまる様のファンタジー溢れるスペースシップを拝見することで、かつての感覚を回想することが出来ました。
写実も◎、それでいて空想も描けてしまういこまる様に感服いたします♪

我流切紙人さま
久々にこの様な絵を描いてみて、非常に楽しかったです。気楽に船体?に色々な部品をつけてみたり、適当な色をつけたり。やっていることは、幼稚園くらいの時と同じですね。
切り折り紙でもこういう感じが出せればいいのですが、なかなか難しいですね。

これは近未来的なウミノミですね。
ユーモアがあってとても楽しいです。happy01
将来、こんな乗り物が出来ると面白いですね。
本物のウミノミも透明ですごく神秘的で惹き付けられますね。
おシリの上のあたりのアンテナが僕のお気に入りです。(笑)

タニチャン様
実は背中の部分を描くときは、タニチャン作のダンゴムシの背中のカーブを意識していました。この部分は実物のウミノミよりモコモコとさせています。
おしりのアンテナは地デジのアンテナです。したがってこの宇宙船では2011年以降もテレビが見られる様になっています。

次々と面白いことを始められるいこまるさん!
もう、尊敬しちゃいます!!
こんな楽しいブログは他にないのでは?

ゆめえび様
この絵を描くとき2つのアイデアが浮かびました。
①ウミノミを宇宙船にする。
②ウミノミを潜水艦にする。

②案も捨てがたかったのですが、元々水中の生物ということで①案をとりました。
でも、この手のウミノミ、メカっぽいですよね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi