フォトアルバム

« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

腹なし

Warekara8mm_2 ワレカラ

8mm

透明水彩 鉛筆

カネ上さんのジャコに入っていたワレカラです。海のナナフシをも言うべき生物で、前々回の記事のヨコエビを近い仲間です。
外見上の特徴は長い二組の触角とと、細くて長い体節、胸部?に鎌の様な2組の脚と下の方にある3組の脚です。普通、甲殻類には胸部に7組の脚がついているものが多く、ワレカラは3~4番目の脚が退化したのだそうです。(横から見た図の体節の下についている突起は鰓だそうです。)そしてワレカラは腹部が退化しているので、スケッチのように腹部(尾部)に脚がついているように見えます。
参考ページ:
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~hwada/project4.html

なかなか面白い生物です。今後、切り折り紙でワレカラに挑戦することもあろうかと、顔のあたりを詳しくスケッチしてみましたが、あまりの複雑さに口のあたりの構造とかがよくわかりませんでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年7月20日 (月)

こんな風にやってます

Photo_4 メガロパ改良型

切り折り紙

ミ・タント紙

Photo_5

かなり時間をかけて展開図を考え下書きをします。このままミ・タント紙に描き写します。

Photo_14

切り取りが終わった状態です。

Photo_15

下折りをした状態です。脚は根本しか折っていません。

Photo_11

頭胸部の甲を折り返します。尾部はまだ体の前にあります。

Photo_12

尾部を折り返し、穴から後ろに出します。この後、細部の折り込みと調整をします。

Photo_13

裏はこうなっています。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年7月17日 (金)

海のカマキリ?

Kamakiriyokoebi カマキリヨコエビの仲間?

2mm

透明水彩 鉛筆

先月のカネ上さんのジャコに入っていたヨコエビです。Nobさんとikedaさんに写真を見ていただき、カマキリヨコエビの仲間のかもしれないと教えていただいたので、カマキリヨコエビの仲間と思っています。(違っているかもしれません。)
ヨコエビは甲殻類の端脚目に属する生物で、ウミノミやワレカラと近い生物です。スケッチしていて体の殻の付き方はウミノミに、顔つきはワレカラに似ていると思いました。

03437690 

最近、新しいチリメンモンスターの本がでました。

チリメンモンスターをさがせ!
    偕成社   価格  1,680円(税込)
  監修  きしわだ自然資料館・きしわだ自然友の会・日下部敬之

小学校中学年から読める写真のきれいな大型の本です。入門用としては最適の本かもしれません。チリモンカード図鑑は必見です。(カマキリヨコエビも載っています。)

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年7月 4日 (土)

やってしまった

Kubirezukinn_3 

クビレズキン?

鉛筆

先月のカネ上さんのジャコに、すばらしい状態のウミノミが入っていました。ほぼ全体が崩れることなく、頭部の赤茶色も美しく、それはほれぼれするウミノミでした。
さっそく取り出し、鉛筆でスケッチをし、ある程度形がとれたところで後日仕上げて、彩色しようと思い、他のジャコとは別にポリチャック袋に入れて大切に冷蔵庫のタッパの上においておきました。
数日後、時間に余裕があったので、スケッチの続きをしようと冷蔵庫をのぞきましたが、ポリチャック袋が見あたりません。おそるおそるタッパを取り出してみると、ポリチャック袋はその下にありました。前日、タッパを取り出したときに、ポリチャック袋を下に置き、タッパを直すときにその上に置いてしまったのです。
当然、完璧なウミノミは、無惨につぶれていました。

やってしまいました…………

ということで、今回のスケッチは未完であります。

あ~、残念。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi