フォトアルバム

« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月21日 (日)

腰が折れます

Photo_3

コシオリエビ
切り折り紙
色上質紙(特厚)

コシオリエビはヤドカリ下目(異尾類)の生き物で、ヤドカリ・タラバガニ・アナジャコなどの仲間です。チリメンジャコに混入しているときは、名前のとおり腰の部分が折りたたまれています。

コシオリエビのスケッチhttp://ikomaru.blog.eonet.jp/zufu/2007/07/post-66c6.html

Photo_2 いくつかの図鑑を見ると、腰が折れている写真を載せているものと、腰が伸びている写真を載せているものがありました。
腰を伸ばすと、普通のエビ・ザリガニ風になります。

脚は10本(はさみも含めて)ありますが、一番後ろの脚は小さく歩行には役だっていないようです。

Photo_4
腰の部分の作り方を色々と試してみたのですが、最も美しくまがる、たけとりさんの「昆虫立体きりおりがみ」に載っていたダンゴムシの型紙を参考にさせていただきました。たけとりさんありがとうございます。

Photo_5

コシオリエビの開き

開いていて脚が1本取れてしまいました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年6月 7日 (日)

大人の教科書その2(切り折り紙編)

Nanafushi エダナナフシ

切り折り紙

ミタント紙

※たけとりさんの展開図を参考に制作しました。

エダナナフシのスケッチ:http://ikomaru.blog.eonet.jp/zufu/2007/08/the-b315.html

Kiriori

昆虫立体きりおりがみ

たけとり著

泉書房刊
定価 本体857円+税

  わたしが「切り折り紙」に出会ったのは、他のサイトで著者のたけとりさんのブログを知り、その時載っていた「セアカゴケグモの切り折り紙」を見たときです。同時期に、セアカゴケグモのスケッチをしていたので、たけとりさんの「セアカゴケグモの切り折り紙」の完成度の高さに驚きました。その後、「切り折り紙探検隊」の方のブログなどで勉強し、時々作品を作るようになりました。そのたけとりさんによる初の切り折り紙本「昆虫立体きりおりがみ」が出版されました。

全23種類の昆虫などの作り方と型紙が載せられています。「子供から大人まで楽しめる」とあるように、小学生でも作れるのですが、大人でも楽しめる優れものの本です。作品制作のコツ・塗装の方法・用具についてなど貴重な情報が満載です。まさに切り折り紙の教科書です。
小学校では夏休みに自由作品の宿題が出されることが多いのですが、是非ともおすすめの本です。(お父さんの方が切り折り紙にはまっていくこともあるかもしれません。)

この本を読めば、切り折り紙上級者です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年6月 6日 (土)

大人の教科書その1 (チリモン編)

Photo イソギンポの仲間

透明水彩

  学生時代、教科書はあまり読みたくない本でした。自分から欲しているのではなく、強制されるという意識があるので、読んでいても内容が頭を素通りして、知識が身に付かなかったような気がします。
月日が流れ、おっさんになった今、自分が身につけたい知識や技術に関する本と出会えるとうれしくなり、真剣に読むため、どんどん内容が頭に入ってきます。
この一週間で、教科書と呼べる本を2冊に出会いました。この幸せをお伝えしなくてはと思います。

Bi041b_4  「チリモン博物誌」

幻戯書房刊
定価(本体1,600円+税)
きしわだ自然友の会著

初めての「チリメンモンスター」の本です。チリモンに関するいろんなエピソード(チリモン誕生秘話やジャコの捕まえ方など)が満載です。全般に友の会の方のチリモンに対する愛情があふれている力作です。

また、代表的なチリモンに関する解説が詳しく載っていて、読む「チリモン図鑑」といえます。特に魚チリモンの詳しい解説は、魚系が苦手な自分にとってありがたいものです。初心者から上級者までチリモンをする人には是非読んでもらいたい一冊です。

この本を読めば、チリモン上級者です

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年6月 1日 (月)

ゾエアを楽しむ お団子型(その2 工作編)

Heikeganizoea

南の珊瑚礁の海に巨大ゾエア登場

(ヘイケガニ類のゾエア)

切り折り紙
ミ・タント紙

    今度は、お団子型のゾエアの切り折り紙を作ってみました。やはり頭胸部の丸みと前後の棘がポイントとなります。特に前後の棘は実物はもっと細くて長いのですが、強度と作りやすさを考えてこの程度の長さにしました。また、たくさんある脚も実際よりかなり太くなっているので、少し重く感じます。

Heikeganizoea_2

写真を撮るときにはパソコンの壁紙を海中写真に替え、ゾエアは糸で吊しました。

※壁紙は海の壁紙DECOO'S Worldさんのものを使わせていただきました。


Heikegani_zoea

ヘイケガニ類のゾエアの開き

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi