フォトアルバム

« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月25日 (土)

デッサン

Hiyodori 鵯(ひよどり)

鉛筆

※クリックで拡大します。

 

   ヒヨドリはどこにでもいる野鳥で、珍しくも何ともなくい普通種です。樹木のてっぺんなど見つかりやすい場所でピ~ヨピ~ヨとうるさく鳴きまくり、ふらふらと波打つように飛ぶその生態は愛嬌があり、よく見るとなかなか精悍な顔つきをしています。頬の茶色っぽい部分以外は地味な色で、脚の部分を除くと2色の絵の具があれば全身の色づけには充分です。

   せっかくなので、さらに色を少なくして鉛筆だけをつかってデッサン風に描いてみました。
このヒヨドリは大阪の南港野鳥園にいた奴で、人に慣れているのか、結構近づいても逃げないで写真を撮らせてくれました。

大阪南港野鳥園: http://www.osaka-nankou-bird-sanctuary.com/index.htm

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年4月19日 (日)

鴨が水面に

Photo_5

切り折り紙

特厚上質紙

※クリックで拡大します。

今回は鳥に挑戦してみました。鴨を選んだのは脚の部分を作らなくてもごまかせるからです。モデルはマガモなのですが、体の色や模様がなければほとんどの鴨は同じように見えるので「鴨」ということにしておきます。

マガモのスケッチ:http://ikomaru.blog.eonet.jp/zufu/2007/06/post-794c.html

Photo_6 脚の部分を作る代わりに水面に浮かぶ様子をあらわしたかったので水色の画用紙に波を付けて見ました。

(家族には波がない方がいいと言われました。)

上から見ると背中が三角なのがが気になります。目もパンチで穴を空けたのですが、穴が大きすぎて顔の大きさとのバランスが悪いです。翼と尾羽の表現はうまくいきました。

Photo_7

鴨の開き

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年4月11日 (土)

春の散歩

Otoshibumiminiヒメクロオトシブミ

透明水彩

いつもの山道に散歩に出かけました。3月28日に行った時に比べて生き物の気配が多く感じられ、汗ばむ陽気に春を感じました。山道の入り口に1cmもないぐらいの不思議な形をした虫がいました。オトシブミです。卵を産むときに葉を丸めて作る揺籃は面白くてよく見かけますが、成虫も面白い形をしていました。

Tukushimini

ツクシ

透明水彩

奥の池の縁にはツクシが生えていました。少し古めのツクシです。漢字で書くと土筆。うまくあらわしたものです。ウイキペディアによると茎をとりまく「はかま」の部分は葉だそうです。初めて知りました。近くに生えているのは若いスギナでしょうか?

Mukudorimini_2

ムクドリ

透明水彩

帰りには電線に椋鳥がとまっていました。
春の陽気に気持ちが良さそうでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年4月 6日 (月)

緑でも青(工作編)

Moriao2_2 モリアオガエル

切り折り紙
ミ・タント紙

モリアオガエルのつもりで作ってみました。今回初めてお腹のほうも作ってみたのですが、難しかったです。「一般的な蛙」には見えるのですが、とてもモリアオガエルには見えない作品になってしまいました。

モリアオガエルのスケッチ・緑でも青

   http://ikomaru.blog.eonet.jp/zufu/2007/06/post-8df7.html

Moriao_3 

一度、緑のコピー用紙で作ってみたのですが、柔らかすぎて形が定まらないので「ミ・タント紙」を使ってみました。メビウスさんのブログで名前を知り大阪の心斎橋にある画材店で手に入れた紙です。やや厚くて切りにくく、折りにくかったのですが、その分しっかりとした作品になりました。

Moriao_4

モリアオガエルの開き

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi