フォトアルバム

« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月22日 (日)

海の馬

Photo_2 タツノオトシゴ

切り折り紙

上質紙

以前にも記事にしたことがありますが、チリモンをはじめるきっかけになったのがタツノオトシゴでした。調理したチリメンジャコの中にあったタツノオトシゴを双眼実態顕微鏡を使ってスケッチし、透明水彩で着色したのが始まりです。「是非、切り折り紙にしなくては」と思っていたのですが、腹の部分の作り方が難しく、やっとそこそこの形に仕上げることができました。
頭は少し「テレタビーズ」風です。

Photo_3 ※背中から見るとシンプルなのですが、腹側で紙をつないでいるので凸凹です。

Photo_4 ※タツノオトシゴの開き

すこしスッポン風です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年2月14日 (土)

大きな白い鳥

Photo

ダイサギ

使用画材
 
鉛筆
  透明水彩

    近所の池にいた大鷺です。アオサギと並ぶ日本最大級の鷺で、小鷺・中鷺とともに白鷺です。大阪市には白鷺という地名があるので昔はたくさんの鷺がいたのでしょうが、今ではほとんど見ることが無いですが、山を越えた生駒付近では田んぼや池や川が多く、そこそこの数の鷺が住んでいます。

   中学生の娘が学校の近くの池に「朱鷺(とき)がいるのを見た。」と言ってました。トキが生駒にいるのならニュースになるはずですからダイサギかコサギを見て、大きな白い鳥なのでトキと勘違いしたのだと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年2月10日 (火)

トンボの季節・工作編

Photo イトトンボ

切り折り紙


色上質紙

リクエストがあったのでイトトンボを作ってみました。モデルはアオイトトンボですが、あまり似ていないし黄色なのでイトトンボとしておきます。

トンボの季節http://ikomaru.blog.eonet.jp/zufu/2008/07/post-ee42.html

イトトンボは普通のトンボのように羽を開いて止まらずに、羽を重ねて立てた状態で閉じて止まるので羽の付き方がポイントになります。そこを表現するために、頭部と羽の部分を胸部の先に作り、後で重ねてはめ込みました。

実際のイトトンボに比べて脚が太くなったので、見る角度によってはカマキリみたいになってしまいました。

Photo_2

イトトンボの開き

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

※もしよければ、クリックお願いします。

2009年2月 1日 (日)

ゾエアを楽しむ(工作編)

Zoea

ゾエア

テトラポット型

切り折り紙
コピー用紙

Zoeairoiro   ゾエアを切り折り紙で作ってみました。
ゾエアはカニなどの子供で、卵から孵って水中に放出されたもので浮遊生活を行っています。丸い頭胸部から細長い尾部がのびています。多くのものが浮遊しやすくするために頭胸部に長い棘が生えています。

Zoea_2このゾエアは4本の棘があるタイプで「テトラポット型」と勝手に呼んでいます。のゾエアです。特徴は体の回りにある4本の棘です。
頭上の棘の扱い方と、体の丸い感じの出し方が難しく苦労しました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi