フォトアルバム

« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月23日 (金)

試行錯誤

Elrathia_kingi

三葉虫

エルラシア・キンギ
Elrathia kingi

切り折り紙
封筒

Eirathia_kingi_2    三葉虫は古生代に生きていた節足動物で、化石としてよく見る生物です。アンモナイトとともに化石界の右大臣・左大臣として人気を二分しています。エルラシア・キンギはその中でも安くて入手しやすい化石です。

   エルラシア・キンギは化石で見るときは黒く平面的ですが少し厚みをもった体にしてあります。
背中のラインを出すのが難しく、この形にたどり着くまでにかなりの試行錯誤を繰り返しました。

①  紙は最初色画用紙で、次に特厚の上質紙で作って見ましたが、中々きれい 折れず、茶色の薄くて丈夫な紙を探して使い古しの封筒にたどり着きました。
②背中のギザギザは実物ではもっとたくさんあるのですが、 あまり多いと形をとりにくいので数を減らしました。
③顔とおしりのタックの取り方が難しかったので、川合工房さんのブログに載っていた「捻り綴じ」を使わせてもらいました。http://moon.ap.teacup.com/kiriorigami/103.html#comment13292

Photo

これは試行錯誤のすえボツになった三葉虫です。上から見るとまあまあなのですが横から見ると貧弱です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

※もしよければ、クリックお願いします。

Kingi

展開図です。

2009年1月17日 (土)

初挑戦

Photo_4 シャコの幼生

切り折り紙

※クリックで拡大します。

 

このシャコは一枚の紙を二つに折って、下の展開図のような形に切り取り、その一枚の紙を折り曲げて出来ています。曲げているところを伸ばして広げると一枚の紙に戻ります。

Photo_2 このような作品を「切り折り紙」というらしいです。
以前、たけとりさんのブログで「切り折り紙」を知り、色々な昆虫などの作品を見せてもらっていました。リアルで、一枚の紙から出来ているとはとても思えない作品に心惹かれていました。
 

展開図

たけとりさんのブログ: 「たけとりの切り折り紙」http://hime23.de-blog.jp/777/

    新しい年に、何か新しいことにチャレンジしてみようと、「切り折り紙」を作ってみました。モチーフは、昆虫や甲殻類などの節足動物が「切り折り紙」にあうと思い、昔の記事のシャコのスケッチをモデルにしました。

「温泉にはいません」:http://ikomaru.blog.eonet.jp/zufu/2007/08/post-a577.html

  紙を切り終わり、折り曲げて形を作っていく過程は大変面白く、できあがった時には作品に満足していました。その後、写真に撮って見てみると折りの荒さ、直線の多いフォルム、立体感のない脚と不満足な点に目がいってしまいます。脚の形も違うところがあります。恥ずかしい出来ですが、初心者なので多めに見ていただけたらと思います。下に黒い紙を引いて写真を撮ったのですが、一工夫が必要かなと思います。

   シンプルで奥の深そうな「切り折り紙」は、スケッチと平行して今後もぼちぼちって行きたいと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年1月10日 (土)

初鳥見

Aosagi 青鷺

使用画材 水彩絵の具 鉛筆

※クリックで拡大します。

     正月ボケを追い払うために1月4日に近所の鳥見スポットをのぞきに行きました。M書店前の川でコガモ・アオサギ・ハクセキレイなど、HS前の池でダイサギ・アオサギ・マガモなどに出会えました。今回のスケッチはHS前の池のアオサギです。

  アオサギは近所で見かける最大の鳥で羽を広げると1.8mにもなり、ゆっくりと羽ばたいて池の上空を飛ぶ姿は風格を感じます。顔・首は白色、胴体は淡い青灰色をしていて、目の後ろの模様から冠羽に続く黒色が目につきます。
アオサギの英語ではGrey Heron(灰色の鷺)と呼ばれるそうです。世界の多くの地域で灰色の鷺と呼ばれていて、青い鷺と呼んでいるのは少数派の国のようです。


日本人は昔から灰色に敏感な民族であったのかもしれません。そのため灰色の中に混じっている青色に注目したのだと思います。
日本人は昔から灰色が好きだったようで、梅鼠(うめねず)・素鼠(すねずみ)・白鼠(しろねず)・青鈍(あおにび)・銀鼠(ぎんねず)・利休鼠(りきゅうねずみ)・生壁(なまかべ)など色々な灰色の呼び名があったようです。

※灰色の呼び名は「読めそうで読めない間違いやすい漢字」出口宗和著を参考にしました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年1月 5日 (月)

初詣

Shika_2 奈良公園の鹿

使用画材 水彩絵の具 鉛筆

※クリックで拡大します。

  奈良県生駒市在住の我が家は、毎年元旦に往駒神社・三日に春日大社と東大寺に初詣に行きます。
   往駒神社は地元の神社で、厄除けや子供の七五三などいつもお世話になっている神社です。紅白歌合戦が終わる頃に出かけます。大きくはありませんが、厳かな神社です。「火の神」を祀っているらしいです。
  三日の昼頃には春日大社と東大寺にお参りに行きます。「古都奈良の文化財」として世界文化遺産にも登録されています。
人混みの中を奈良公園付近を歩いていると、鹿に出会います。奈良公園の鹿は国の天然記念物に指定されていて、奈良県民にとって身近な動物です。昔、神様が白鹿にのって奈良においでになり、それから鹿は神の使いとされているそうです。ほとんどの鹿が角が切られていて安全な状態ですが、それでも大人の鹿は近寄ってくれば迫力があり、人間になれていても野生動物なので少し怖い気がします。


スケッチの鹿はあまり大きくは無く、体の毛の色も薄いのでまだ若い鹿だと思われます。しかし、切られている角の断面が痛々しく、しゃがんでいるのであまり怖くはありませんでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

2009年1月 1日 (木)

賀正

明けましておめでとうございますPhoto

マルウミノミ?
間違っていればご指摘ください。

使用画材 水彩絵の具 鉛筆

※クリックで拡大します。

   上のスケッチは大久保水産さんのジャコから見つかった鹿児島チリモンです。丸尾海蚤科の丸海蚤ではないかと思います。以前記事にした「角海蚤」に近い仲間です。角があるから角ウミノミで、角が無く頭が丸いから丸ウミノミでしょうか。やたら発達している胸肢で脚の部分を覆い丸まった姿勢が可愛いです。

   今年1年、何事も無く平和に生活したいとの思いより、丸い生き物ということで新年1番目のモチーフに選びました。4mm位の小さなチリモンですが、拡大してスケッチしてみると中々シュールなスケッチとなりました。

   本年もあまりたくさんの記事を更新できるとは思いませんが、ゆっくりマイペースでやっていきたいと思います。もしよければ時々のぞいていただけたらと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ※もしよければ、クリックお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi