フォトアルバム

« 歩き泳ぐ | メイン | とげとげメガ »

2008年11月15日 (土)

拾いもの

Ochiba

落ち葉

使用画材 水彩絵の具 鉛筆

88mm

※クリックで拡大します。

  生駒の街を歩いていると、落ち葉が目につきます。職場の大阪に比べて生駒の方が樹木の数が多い上に、大きな葉で落葉する樹木が多いような気がします。都会と田舎の差なのでしょうか。

  茶色く枯れきってしまっている落ち葉・真っ赤に紅葉している落ち葉・緑と赤が入り交じっている落ち葉・黒っぽく変色した落ち葉…。色々な配色の落ち葉が目を楽しませてくれます。春の初々しい緑・夏の強くしっかりとした緑とまた違った味わいがあり、この時期の微妙な混色の落ち葉が道路の上に落ちている風景は結構美しいものです。

  このスケッチは微妙な色の混じり具合を表現するためにたらしこみを多用してみました。緑の葉と違って、あまり忠実に色を再現しなくても不自然になりにくいので、落ち葉は結構楽しめるモチーフだと思いました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348631/17089236

拾いものを参照しているブログ:

コメント

緑の葉は紅葉した葉に比べて格段に絵にしづらいですね。
なぜでしょうか。
この葉はサクラでしょうか?

こばやし様
人は生まれてからずっと長い間、緑の葉を見続けているので、たまに見る紅葉に比べて厳しい目で見てしまうのでしょうか。
それと絵の具の緑色が葉の緑色に比べて鮮やかすぎるのかなあと思います。
この葉はそこいらで拾ってきたので種名はわからないのですが、拾った場所の近くに桜の樹があるので、桜の可能性もあると思います。

この葉は,如何にも桜という感じです.
わたしも以前,桜の葉を描いた記憶があります.
紅葉した桜や柿の葉は,色合いが綺麗で,絵になります.

古草さま
その後、近所や職場の近くの桜の樹を見てみると、桜の葉で間違いないように思います。桜は春の花の季節だけが目立つと思っていたのですが、晩秋の落ち葉や紅葉した葉もなかなかいけると改めて発見しました。結構奥深い植物です。

同じサイトに複数のHNでコメントするのは、ルール違反ですが、やっぱりこの絵には「森のどんぐり屋」が似合いますので・・・・

いい色ですネエ~~先日はチリモンの方に目が行ってまして、コメントを書かずに通り過ぎましたが、。この葉っぱは大変気に入っています。

葉っぱ人生最後のはなやかな装い、誇らしげです。
描いていただけて、さぞやうれしかったことでしょう。

森のどんぐり屋さま
この葉のスケッチを描くとき、大変楽しかったです。赤や朱や茶色の絵の具を混ぜたりにじませたりして面白かったです。
一枚一枚の落ち葉に表情があってつい下を向いて歩いてしまいます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi