フォトアルバム

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

とげとげメガ

Togetogemega 棘の多いメガロパ

使用画材 水彩絵の具 鉛筆

2mm

※クリックで拡大します。

秋口にカネ上さんから購入したじゃこの中にいたメガロパです。残念ながら左のハサミもなく完品ではないのですが、初めて見る面白い形をしていました。
顔の前に1本、背中に5本、そして腹側に2本の合計8本の棘が生えています。顔や背中の6本はいいのですが、腹部の2本は歩行にはじゃまな様な気がします。
せっかくゾエア期と比べると立派な脚を持っているのですがほとんど浮遊生活をしているのでしょうか、疑問です?

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ   もしよければ一押しお願いします。

2008年11月15日 (土)

拾いもの

Ochiba

落ち葉

使用画材 水彩絵の具 鉛筆

88mm

※クリックで拡大します。

  生駒の街を歩いていると、落ち葉が目につきます。職場の大阪に比べて生駒の方が樹木の数が多い上に、大きな葉で落葉する樹木が多いような気がします。都会と田舎の差なのでしょうか。

  茶色く枯れきってしまっている落ち葉・真っ赤に紅葉している落ち葉・緑と赤が入り交じっている落ち葉・黒っぽく変色した落ち葉…。色々な配色の落ち葉が目を楽しませてくれます。春の初々しい緑・夏の強くしっかりとした緑とまた違った味わいがあり、この時期の微妙な混色の落ち葉が道路の上に落ちている風景は結構美しいものです。

  このスケッチは微妙な色の混じり具合を表現するためにたらしこみを多用してみました。緑の葉と違って、あまり忠実に色を再現しなくても不自然になりにくいので、落ち葉は結構楽しめるモチーフだと思いました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

2008年11月 8日 (土)

歩き泳ぐ

Ishigani イシガニの仲間

使用画材 水彩絵の具 鉛筆


甲幅 22mm

※クリックで拡大します。

  カネ上さんのチリモン用ちりめんじゃこを見ていると、カニの子供のゾエアやメガロパはよく混入しているのですが、カニの姿になったものは珍しく、それめ小さなものが多いので、この大きさのもが出てくるとうれしくなります。甲羅の形と第5脚がひれ(遊泳脚)になっているのでイシガニの仲間と思います。
この大きさになると匂ってみると磯のにおいと香ばしいにおいが混じっておりなかなかおいしそうです。残念ながら2本の脚はとれていましたが、独特の甲の形・たくましいハサミの部分など立派な感じがします。

  成長すると甲幅が8cmほどになり、殻が固くて食べづらそうですが、身は甘みがあってとてもおいしいそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

2008年11月 2日 (日)

さんぽ

Donnguri_eda シラカシ

使用画材 水彩絵の具 鉛筆

※クリックで拡大します。

いつも行く散歩のコースは自宅から15分舗装道路を歩き、そこから山の道に入り奥の池の淵まで15分ぐらいかけてゆっくりと歩き、同じ道を戻っていく約1時間のコースです。さすがに11月に入り、虫などの姿も少なくなってきましたが、たまに歩くとほっとします。奥の池の縁に小さなどんぐりをつけている木があったので、枝の先を少しいただきました。おそらくシラカシじゃないかなあと思います。 よく見るどんぐりの木と比べて細長い葉を持ち、どんぐりの実はかなり小粒です。その樹はこれまでも見ていたのですが、どんぐりの木とは気がつきませんでした。

Photo 帰りに下を向きながら歩いていると、4種類のどんぐりを拾うことができました。おそらく左からアベマキ・マテバシイ・コナラ・シラカシじゃないかなあと思います。アベマキは赤身がかかった茶色で、シラカシは緑の部分が多く残った状態のものが多かったです。マテバシイとコナラは同じ様な色でした。今回は帽子や葉の形がわからず、どんぐりの形のみで同定したので間違っているかもしれません。

もしよろしければクリックお願いします。→   にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi