フォトアルバム

« たらしこみ | メイン | 大食漢 »

2008年6月30日 (月)

あぶないあぶない

Seaka

セアカゴケグモ ♀
10mm



使用画材
鉛筆・透明水彩



※クリックで拡大します。


職場にセアカゴケグモがいました。体長10mmの小さな蜘蛛ですが、全身が真っ黒で腹部に赤い模様があるのよく目立ちます。Wikipediaによると本来は東南アジアやオーストラリアなどの、熱帯から亜熱帯に生息する蜘蛛だそうです。1995年に大阪の高石市で発見され、その当時は新聞やTVのニュースで取り上げられていた毒蜘蛛です。

このスケッチは、殺虫剤で殺されてから数日たってからのスケッチで、腹部の赤い模様が、生きている時よりやや薄くなっています。
咬まれると、数時間後に全身がものすごくいたくなるそうで大変恐ろしい蜘蛛です。でも普段はおとなしい蜘蛛なので、何もしなければ襲ってくることは無いそうです。

見つけた場合は、あれば殺虫剤(ゴキブリ用可)をかけて踏みつぶすのが最善の方法らしいです。近くに巣があれば殺虫剤をかけた後で棒で巣をつぶし、黄土色っぽい卵のう(1cmくらいの卵の入った袋)も踏みつぶしてください。


※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。

コメント

イヤですねえ、もうすっかり定着してしまって。でも、私はまだ見たことがないのです。一センチもあれば、チリモンを見慣れた目には、見逃さないと思うのですが??

メスは見ればすぐにわかります。黒と赤のコントラストが鮮やかで、体毛もあまり濃くなく美しく印象的なクモです。オスは5mm位の地味な色の目立たないクモです。でも、身近な場所で見ないにこしたことは無いと思います。

いいですねぇ〜!私もスケッチ(主に人間)しますが水彩でこれだけ描けたら最高ですね。水性色鉛筆なんかも利用されてるんじゃないですか?これから楽しみですね。時折お邪魔したいと思います。よろしくお願いします。

理香さんの所からお邪魔して、同じ背赤後家蜘蛛の記事だったのでコメントさせていただきました。立体の作品は楽しそうですね、こちらも時々のぞかせていただこうと思っています。今後ともよろしくお願いします。水性色鉛筆は描いた時の感じと、水で伸ばしたときの感じのギャプが難しくて苦手です。もっぱら透明水彩で描いています。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi