フォトアルバム

« 糸ようじ | メイン | 枝の上 »

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

Dr7rwrvw
スズメ



使用画材
色鉛筆


←クリックで拡大します。


スズメは、日本中の人の住んでいるところにどこでもいる野鳥です。まったく珍しくないのですが、外で見かけると気になるのです。とくに体をふくらまして、卵型になっているときの姿が好きです。じっくり見ると茶色と黒の模様のところどころに白色が効いていて地味ながら美しく複雑な配色をしています。
鳥見でも重要な種で、スズメ・鳩・カラスの大きさ、体つきをよく覚えていると、それ以外の種類の鳥の姿に気がつくようになります。そうすれば椋鳥・ヒヨドリ・四十雀などの姿が目に入るようになります。そして、上を向く機会が増えることにより空の青さにも気がつくようになります。

このスケッチは大阪の海遊館の近くのスズメで、ここのスズメは人が近づいてもあまり逃げないので観察にはもってこいの場所です。

本年もよろしくお願いします。
   
※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348631/13689405

あけましておめでとうございますを参照しているブログ:

コメント

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。ちょっと羽を膨らませたスズメ、愛らしいですネ。私の所には毎年ツグミが飛来していたのですが、今年は木が切られたので、心配です。どこかで会えるといいのですが・・・

ツグミも来てみたら木がないのでびっくりですよね。新しい生活場所を探して大変でしょうね。今年もよろしくお願いします。

寒い時のまるいスズメ、私も過去にいくつか描いていますが、栗色のちょっとずんぐりした頭といい、本当に愛らしいですよね。本人は小さい身体で寒さに耐えているので単純に『カワイイ!』なんていってしまうのも申し訳ないのですが…今年もよろしくお願いいたします。

いつも餌をあさったり、枝にのってみたりしてスズメも楽しそうに見えるのですが、実際は寒さに耐えて大変なのでしょうね。1羽だと大変そうでも、みんなと一緒なので楽しそうに見えるのかもしれません。今年もよろしくお願いします。

おめでとうございます.雀の模様は難しいですよね.鳥を知らない人でも知っている鳥ということですが,「ほんまに知っとんのか〜?」と意地悪をして模様を描かせると,凄い鳥ができあがるとか.高校時代,文化祭で売る紙粘土製の,小さな鳥のマスコットを沢山作り,雀の模様を塗りまくったのを思い出しました.懐かしい!本年もよろしくお願いいたします.ふるくさ 拝

実は、この絵を描くまではスズメの模様についてまったくわかっていませんでした。頭の部分の茶色と体の部分の茶色が少し違っているのに気がつき、うれしく思いました。本年もよろしくお願いします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi