フォトアルバム

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月22日 (土)

糸ようじ

58_riixi ヤガラ(?)
約74mm


使用画材
鉛筆
透明水彩


←クリックで拡大します。



以前買ったチリメンジャコに入っていた魚です。ヨウジウオはチリモンの中では出現頻度 普通(チリモン図鑑による)なので、よく見かけるのですがこれは初めて見る種類でした。
チリモン図鑑
一度、このブログにヨウジウオを取り上げたことがあるのですが、今回の奴はかなりかわっています。
細長い奴
端から端まで約74mmで、一番太い頭の部分が1.5mmなのでかなり細い魚です。
まず口(?)の部分が特徴的です。実際の口はストローのような部分の先だけで海中のプランクトンなどを食べて生活しているそうですが、そのストローの部分が他のヨウジウオと比べてものすごく長いのです。
もう一つの特徴は尾びれが糸状になっているところです。それも、かなり長く伸びています。以前イトヒキアジを取り上げたことがあるのですが、それの背びれなどと同じ様な感じです。
竜宮城にお似合い
尾びれ以外に3か所で計6枚のひれがついていましたが、それらは普通のひれでした。
スケッチのヨウジウオは体がねじれて一部で背骨が見えています。またその部分で内臓が飛び出して固まっていました。
細長い体・異様に長い口?・糸状で長く伸びた尾びれとずいぶん泳ぎにくそうな体つきに思える魚でした。

※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。

後日、図鑑を見ていたらヨウジウオの仲間のヤガラという魚を見つけました。おびれにの一部が紐状に伸びるそうです。
きっと、この魚は「ヤガラ」です。せっかくですから上の記事はそのままにしておきます。

2007年12月15日 (土)

黒いエイリアン

Fw8wf3ro 黒デコ(仮称)
7mm


使用画材
鉛筆
透明水彩

←クリックで拡大します。


以前買ったチリメンジャコに入っていた魚です。最初見たときは、スイカの種のように思いました、黒くて魚とはわからなかったのですが念のため拡大して見たところスゴイ外見をしていました。
体色は黒褐色ですが、デコの部分は大きく張り出し、やや飴色をしています。中央にすじが入っています。口は小さく受け口です。人間でこめかみにあたる部分に大きな突起物があります。またエラブタにも突起物があります。
腹びれ?は針状になっている様に見えます。尾びれ、背びれの一部、しりびれは一体化しており透明です。
外見のもつイメージは映画のエイリアンそっくりです。数冊の図鑑で調べて見たのですが同定は出来ませんでした。そのため仮称として「黒デコ」としてあります。

きしわだ自然資料館の方に「チョウチョウウオ」の仲間だと教えてもらいました、ありがとうございます。

※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。

2007年12月 8日 (土)

がんこもん

Zepbi9sg サカナ
4cm


使用画材
鉛筆
透明水彩

←クリックで拡大します。

カネ上さんのチリメンジャコに入っていた魚です。魚にはあまり詳しくないので、ぼうずコンニャクさんの「市場魚類図鑑」
http://www.zukan-bouz.com/mokuji.html
で探して見たのですが同定は出来ていません。何かおわかりになればコメントをいただけたらと思います。
大きな口が特徴です。頑固親父のような顔つきをしています。その反面背びれは長めでお洒落です。体型は普通の平べったい魚です。全体にタテジマがあり結構絵心をくすぐる外見です。

※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi