フォトアルバム

« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月27日 (土)

THE 擬態2

Mkjrl41k アカエグリバ
30mm

使用画材
ピグマ・色鉛筆
透明水彩

←クリックで拡大します。

先週マンションの入り口あたりで見つけました。前翅の形・色は枯れ葉そのものです。虫に食われたように一部が欠けているところも芸が深いです。そして葉脈(?)までついています。顔の形もとんがって、若干の模様もあり横から見ると枯れ葉風です。初めて見たときはとてもビックリしました。ただ上から見ると体の部分はあつみがあるので,枯葉には見えません。
アカエグリバが樹木に止まっていると蛾とは気がつかないでしょうが、マンションの入り口にいてはその擬態も役に立っていませんでした。この蛾は成虫で越冬するとそうですが、やっぱりこの擬態は、秋から冬に力を発揮する事でしょう。
ちなみにアカエグリバはヤガ(夜蛾?)科の蛾で、夜間に果樹園などにきて果実の汁をすって害をあたえる害虫の仲間です。昼間の活動は苦手なのか、自分の擬態に自信があるのかわかりませんが、棒で突いてみてもあまり動きませんでした。

※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。


2007年10月20日 (土)

大阪城の潜水師

Q8j289o0
カイツブリ



使用画材
鉛筆
透明水彩

←クリックで拡大します。

生駒から近鉄けいはんな線・大阪市営地下鉄中央線(相互乗り入れ)の一本で大阪城公園(森ノ宮か谷町4丁目駅下車)に行くことが出来ます。そこは都会の中のパラダイスで散歩をする人、観光の外国に部活動でランニングをする学生たちであふれています。そろそろカモがやって来ているかなと思っていましたが、まだ少し早かったようです。

ある堀にカイツブリがいたので、しばらく見ていました。実に見事に潜水をします。スルッと波立たせることなく潜り20秒前後は水の中にいます。水中で小魚・水棲昆虫などを主に食べるそうです。マガモなどが首だけ水中に入れて、尾は水上に突きだして食事をするのとは大違いです。しばらくすると、少し離れた水面に浮き上がります。

このスケッチは淡彩風に仕上げてみました。Wikipediaによると「冬羽は大部分が薄茶色で、翼部と頭上部が焦茶色、くちばしは黄色となる。また季節にかかわらず、くちばしのつけねから目の前方まで黄白色の線が入る。」とあります。このスケッチは、冬羽の特徴をまったく表していませんが、なんとなくカイツブリ風かなと思います。実際のカイツブリとの色の違いは大目に見て頂けたらと思います。

※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。

2007年10月13日 (土)

名前は外国風ですが

Erw1oh0c シュレーゲルアオガエル
8月のスケッチ


使用画材
鉛筆
透明水彩

←クリックで拡大します。

この緑の蛙の名前はシュレーゲルアオガエルです。気持ちよさそうに葉っぱの上で昼寝をしてるところです。いかにも外来種風の名前ですが日本固有種です。

江戸時代にドイツのフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが日本にやって来て、日本には西洋科学を伝え、ヨーロッパに日本を紹介しました。数多くの標本を持ち、日本を離れオランダでヘルマン・シュレーゲルらと日本動物記をまとめ、多くの日本の生物を新種として記載しました。そのため、このような洋風の名前が日本固有種についたのです。
シュレーゲルアオガエルは緑色の蛙でモリアオガエルとは近い仲間です。また別科ですがニホンアマガエルとも似ています。
→(http://blog.kansai.com/ikomaru/33

これらの蛙の判別の方法を紹介します。
1.ニホンアマガエルは目のあたりに褐色のすじがあり、鼻先がずんぐりしています。
2.シュレーゲルアオガエルは虹彩が黄色で、モリアオガエルは虹彩が赤みを帯びています。
Zolvekdd_s

自宅の近辺ではモリアオガエルは見かけません。 せめてシュレーゲルとニホンアマガエルは生息し続けて欲しいものです。

※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。


2007年10月 7日 (日)

道先案内虫

Qwcodq0l ナミハンミョウ♀



使用画材
鉛筆
透明水彩

←クリックで拡大します。

生駒市に矢田丘陵遊歩道というところがあります。生駒の自然の中を歩きながら、生駒山や生駒市の街並みも見ることの出来る全長11kmほどの遊歩道です。生駒市には池が多く、遊歩道の途中にいくつかの池があります。その一つのほとりでこの虫を見つけました。
少し離れたところにカミキリムシのような姿の虫がいました。白・紅・紺・緑の色の模様がある大変美しい虫です。
2m位離れた場所でデジカメで写真を撮り、さらに近づいていくと少し飛んで数m離れたところに逃げます。 また近づくと少し離れたところに逃げます。どうもハンミョウみたいです。大変美しい虫なので捕まえたかったのですが無理でした。せめて、もう少し近づいて写真が撮れれば特徴的な大顎とかも観察できたのですが残念でした。

調べてみると、ハンミョウは別名「みちおしえ」と呼ばれるそうです。山道を歩いていてハンミョウを見つけると、歩いている人が近づくと飛び立っては少し先に行き、また人が追いつくとると飛び立っては少し先に行く行為を繰り返すためこの名前がついたようです。

今回は写真からスケッチを起こしたのですが、日頃あまり使わない色の絵の具が使えて楽しかったです。

※もし良ければ左上の「もしよければ一押し」をお願いします。

最近の写真

  • 130901torikera_kao
  • 130901torikera_ashi
  • 130901torikera_ketu
  • 130901torikera_ue
  • 130901torikera_3
  • 130901torikera_2
  • 130901torikera
  • 130731dou
  • 130731000higashi